読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yosh-ash’s Space

言葉・音楽・好奇心

XTCの『Skylarking(スカイラーキング)』- 夏の暑い午後にうってつけの名盤

XTCをよく聴いていたのは1990年前後。「Oranges & Lemons」が出たあたり。好んでかけていたCDは3作目『Drums And Wires』から『Black Sea』『English Settlement』。特に『Black Sea』は名盤中の名盤だと思っている。「Respectable Street」や「Paper And I…

『ファンタジーの世界』佐藤さとる - この本と出会っていなければ空想を忘れたツマラナイ大人になっていたかもしれない

佐藤さとる『ファンタジーの世界』。講談社現代新書。初版は昭和53年(1978年)。手元にあるのは第5刷で、昭和56年発行だ。この本は何度も読んだ。かなり影響を受けた。佐藤さとるの作品と初めて出会ったのは『だれも知らない小さな国』。たしか、中学生にな…

トルーマン・カポーティの初長編『遠い声 遠い部屋』と短編集『夜の樹』に収録された「ミリアム」

最初に読んだトルーマン・カポーティの小説は『遠い声 遠い部屋』。10代の終わり頃だった。『遠い声 遠い部屋』の原題は『Other Voices, Other Rooms』。「Other」が「遠い」と訳されている。その後に『夜の樹』を買った。「ミリアム」の読後感は、これまで…

なぜ?どうして?何冊も文章読本を買ってしまうんだろう?という素朴な自分への疑問

『文章読本』(谷崎潤一郎)は10代の終わりに読んだ。川端康成と三島由紀夫の『文章読本』は、そのあとに目を通した。下のブログに挙げた3冊。『それでも作家になりたい人のためのブックガイド』(絓秀実・渡部直己)、『一億三千万人のための小説教室』(高…

スティーナ・ノルデンスタムのデビュー盤『Memories of a Color』- スウェーデンの森を散歩

スティーナ・ノルデンスタム(Stina Nordenstam)。1991年に発表された『Memories of a Color』。これ、めちゃくちゃ好き。収録された曲は決して明るくない。脳天気な明るさには欠ける。内省的で、聴く人によっては暗いと感じるかもしれない。でも、冷たい冬…

ピーター・チャン監督の『ラヴソング』とテレサ・テンの「甜蜜蜜」

1996年のピーター・チャン監督作品『ラヴソング』。原題は、テレサ・テンの曲「甜蜜蜜」から。映画の主題歌になっている。90年代半ばの香港らしい香港映画だ。主役の2人(レオン・ライとマギー・チャン)が良い味を出している。この時代、ピーター・チャンた…

3冊の『エドウィン・マルハウス』- スティーヴン・ミルハウザーの魅力

スティーヴン・ミルハウザーのデビュー作『エドウィン・マルハウス』(翻訳:岸本佐知子)は3冊ある。福武書店の単行本、白水社の単行本、そして、河出文庫。単行本は2冊とも絶版している。福武書はベネッセに名前まで変わって、文芸ものから手を引いたから…

2017年にやりたいことは? - 時間の軸には果てしなく無力なんだよ

ない。それが結論。正確に書く。やりたいことはある。星の数ほどの願望は嘘だ。夕食後のインスタントコーヒーをテーブルにこぼして軽く落ち込んでいるミクロな自分がやりたいことは、せいぜい37.5gのメントス12個分ぐらいだろう。黒茶色に染みたランチョンマ…

「レトリック感覚」佐藤信夫 と レトリックの本 (別冊宝島)

佐藤信夫さんの「レトリック感覚」。講談社学術文庫って、好きな文庫のひとつなんだよね。「レトリック認識」と「レトリックの記号論」も、そうだ。ちょっとばかりお値段が高いけど。同時期に別冊宝島「レトリックの本」も読んだ。こちらのほうが内容は幅広…

フジファブリック - 志村正彦は茜色の夕日みたいな声だと思っていた

12月24日。志村正彦の命日だ。まだ、30歳にもなっていなかった。フジファブリックの音楽性は幅広い。奥深い。ただ、どんなタイプの曲をつくっても志村正彦の声に負ける。バンドの演奏は同世代のなかでも軽く3歩ぐらい抜けていたと思う。勝ち負けではなく、…

WELQ炎上→DeNAパレット非公開→他のキュレーションサイト(-_-;) - 著作権侵害ビジネスモデル

DeNAパレット。 http://dena-palette.jp/ あれ?クリックしても出てこない、出てこない。DeNAの2015年10月30日付プレスリリースには残っているんだけどなー(わざとらしい)。実質、1年ぐらいで、やらかしてしまったのは、ある意味、スゴイ(棒読み)。 今…

【2016年】私的 ベスト・アルバム!- 番外編?

2016年に発表されたアルバムの個人的ベストだ。3枚にしぼったら、デヴィッド・ボウイ(David Bowie)とレディオヘッド(Radiohead)、スウェード(Suede)になっちゃった。完全にオッサンの選び方だよ、これ。たしかに、オッサンなんだけど。許してくださー…

愛用のテキストエディタは「Mery」と「O's Editor」と……補欠「OmmWriter」

現在、2台のノートPCを持っている。メインとサブだね。両方ともOSはWindows10。両方ともに「Mery」と「O's Editor」をインストールしてある。中古で買ったサブ機には2つのテキストエディタとブラウザ(Firefox)ぐらいしか入っていない。特に「Mery」は、…

『解法のテクニック』『解法の手びき』(矢野健太郎) - 数学のバイブル&愛読書

高校生のとき、愛読書だったのが数学の参考書だった『解法のテクニック』『解法の手びき』(矢野健太郎)。ほぼ、毎日、最低1ページ分の問題は解いていていたような記憶がある。この本に出会ってなければ、もしかしたら理系の道を選んでいなかったかもしれ…

『ライヴ・アット・ザ・アストリア(Live at the Astoria)』初期レディオヘッドの公式ライブ映像

レディオヘッド(Radiohead)のライブ盤。『ライヴ・アット・ザ・アストリア(Live at the Astoria)』は現在のところ、DVDしかない。ちょっとリマスターしたBlu-rayを発表したら売れるのにね。もちろん!DVD持っている。 res-c.blog.jp ↑ の補足 レディオヘ…

「5年後の自分へ」- ブログという名の手紙を書いてみる

2021年11月22日の朝、おめでとう。2020年の東京オリンピックは無事に終わったのか…心配している。来年には冬季オリンピックが北京で開催されるよね。大きな事件や自然災害は起こってなかったらいいのだけれど。 日本が『AKIRA』(大友克洋)のネオ東京になっ…

ぼくがディズニーを好きになれない理由 - 「クマのプーさん」(A・A・ミルン)

「クマのプーさん」(A・A・ミルン)は「プー横丁にたった家」の2冊で、ひとつの物語だと思っている。だから、岩波書店の単行本は絶対に捨てられない。E.H.シェパードのイラストも秀逸だけど、翻訳が石井桃子というのがたまらなくイイ。 res-c.blog.jp ↑ ブ…

漫画『プラスティック・ドール』(高橋由佳利)- 「グレーの雨傘」の歌詞を覚えてますか?

『プラスティック・ドール』(高橋由佳利)は、ほぼ、リアルタイムで読んだ。ほぼ、と書いた理由は「りぼん」派ではなかったから。「別コミ」や「LaLa」派。♂だけど、いわゆる少女漫画の方を読んでいたかもしれない。コミックス化されてから読んだ。 『プラ…

大人にもオススメの絵本、「バスにのって」(荒井良二)

荒井良二の絵本「バスにのって」。名作だ。これ以外にも「たいようオルガン」や「あさになったのでまどをあけますよ」、「ねむりひめ」、ボローニャ国際児童図書展特別賞の「なぞなぞのたび」、3冊目が待ち遠しい「ルフラン ルフラン」など、すべてが名作。…

【Blog】 ブログ「Res-C」をスタートしました! 【カルチャー】

「Res-C」は「Respective Colours Magazine」の姉妹ブログです respective-colours.net キャッチコピーは…… 好奇心をくすぐる 毎日が面白くなる それが「Res-C」 つまり…… 広~い意味でのカルチャー全般を扱った記事を皆さまに届けます! res-c.blog.jp ここ…

【2015年】私的 ベスト・アルバム!【10選】- Mew、Arca、Laura Marling

かなり個人的な2015年、ベストディスク。アルバム編だ。ものすごく偏りがある。気にしない、気にしない。海外のサイトなどを見ていてもトップ10の顔ぶれはバラバラだった。今年は賛否両論のアルバムが多かったのかもね。 悩んだ。迷った。順位は(仮)だな。…

脱皮?進化?-「今日も生きたね」THE NOVEMBERS(ザ・ノーベンバーズ)

一段ずつ高みにあがっていく人もいる。そうでないといけないジャンルや仕事もある。THE NOVEMBERS(ザ・ノーベンバーズ)は突き抜けた。そう感じたのは2014年5月に発売されたシングル「今日も生きたね」を聴いたときだ。壁をぶち破ったのではなく、そっと扉…

「交響詩篇エウレカセブン」- 音楽マニアをくすぐるサブタイトルたち

2005年に放送されたアニメ「交響詩篇エウレカセブン」では過去のアニメだけでなく、映画やSF小説、漫画、テクノ系音楽へのオマージュが散りばめられていた。第1話のサブタイトルは「ブルーマンデー」。ニュー・オーダーの大ヒット曲「ブルー・マンデー(Blu…

シド・バレットを消してしまったのは何なのか?誰なのか? - 才能って何だろう?

シド・バレットは初期ピンクフロイドの中心メンバーだった。作詞、作曲、ギター、ボーカルを担当。ピンクフロイド=シド・バレット。彼の感性を元にバンドは転がっていた。1967年、シングル「アーノルド・レーン(Arnold Layne)」でデビューし、1968年には…

1989年8月20日 → 2010年8月21日 ささやかで、わがままな、恩返し

yosh-ash.hatenablog.com yosh-ash.hatenablog.com yosh-ash.hatenablog.com これで4つに分けたテキストの最後になる。テキストの最後だ。話は、まだ続くよ。続けたいという願望が入っている。 実は「日記のようなもの」には後日談がある。正しくは恩返しか…

「日記のようなもの」 - 1989年8月20日より

今週のお題「人生に影響を与えた1冊」 www.youtube.com 「人生に影響を与えた1冊」。それは自分が書いた日記だ。正しくは「日記のようなもの」。自己満足じゃない。特別な日だった。さらに正確に言うと、1989年の8月20日の「日記のようなもの」が「人生に影…

2冊の「ロックス」(山川健一) 

今週のお題「人生に影響を与えた1冊」 www.youtube.com Primal Screamとは関係ない。「ロックス」(山川健一)が再販されるときに募集していたやつを、そのままコピペする。何年前のことだろう?文体が若いな。採用されたのでweb上のどこかにまだ残っている…

「みんな十九歳だった」(山川健一)- もしかしたらこの本で人生の岐路を選んだのかもしれない

今週のお題「人生に影響を与えた1冊」 「みんな十九歳だった」(山川健一)を19歳の頃に読んでいなければ…… その年代でしか読めない作品がある。字面をなぞるだけなら年齢なんて関係ないけれど、心の奥底に突き刺さり、そのあともずっとそれこそ細胞に粘着し…

泣く映画、泣ける映画、泣きたいときにひとりで観る……テーマは「読む」です 

「泣く」と言っても、いろいろな場合があります。お涙ちょうだいのストーリーは、あまりスキではありません。そっと忍び寄るように涙腺がゆるんでしまう、そんな映画がイイですね。単純な台本は途中で飽きます。 テーマは「読む」です それでは2本の映画に…

『ワン・ゼロ』(佐藤史生) - マンダラ・シンセサイザーは眠らない魚の夢を見るか?

「ワン・ゼロ」(佐藤史生)の連載が始まったのは1984年だった。「1984年」。そう、 ジョージ・オーウェルの描いた小説世界ではビッグ・ブラザーの管理下に置かれ人々は支配されていた。Appleが制作したMacintoshの登場CMはこれのパロディだった。WindowsのO…

【え、マジ?】←マジです!フリーです! Aureoleの新譜をRemixしてみましたよー

【え、マジ?】Aureole、最新アルバムのサウンド・ライブラリ集をフリー配信ototoy.jp ふむふむ。クリック。 Aureoleが、6月10日にリリースされたばかりの4thアルバム『Spinal Reflex』のサウンド・ライブラリ集をフリー・ダウンロードで配信することを発表し…

正直に告白します、鳥居みゆきのファンです - Draft King 「This is me.」 

instagram.com Draft King official websitedraftking.info 事務所の絡みでしょうか。2013年に解散したステレオポニーが母体となったガールズバンド、Draft Kingで、鳥居みゆきがミュージックビデオの監督をしています。 www.youtube.com わたしは鳥居み…

京とうふマイスター1級 (ウソです、そんなのありません) がオススメする! 豆腐の美味しい食べ方

豆腐は冷や奴です。生がいちばんに限ります。絹ごしです。木綿は生には合いません。絹ごしと木綿のちがいについては調べてください。マイスターは冷たいです。説明しません。美味しい食べ方だけをお伝えします。

SUPERCAR - White Surf style 5 ~名盤「Futurama」(スーパーカー)収録曲と、BIG MUFF(ビッグ・マフ)

www.youtube.com Whiteぼくは、ここにいる青ざめている恐怖?そうかもしれない身体から血が消滅したみたいな感じ不安?たぶんね顔が青白い?そうかもしれないよねでもぼくは、ここに立っているSurf境界線?うん、エッジが見える遠いねたぶんあれが、音の表現…

天使の歌声と呼ばれたジェフ・バックリィの「ハレルヤ」

たった1枚のアルバム『グレース』で世界にその名前を残した Jeff Buckley(ジェフ・バックリィ)。彼が生前に発表したアルバムは『グレース』だけだった。1994年の9月。発売したときはそれほど注目されることはなかったが、幾多の有名ミュージシャンから絶…

「映画 みんな!エスパーだよ!」……に……夏帆が出演してないなんて……ありえないよ

映画 みんな!エスパーだよ! | テレビ東京www.tv-tokyo.co.jp テレビ東京でしかドラマ化できなかった「みんな!エスパーだよ!」が映画化。スゴすぎる。しかし、何か違和感が。ヒロインのひとり、美由紀の役が夏帆じゃない。目を疑ったよ。 何で?! // www…

わたしの歌姫は小川美潮です!異論は認めません!!熱烈な公認ファンレター!!!

日本の歌姫は誰?→即答→小川美潮です! 生まれて初めて、自分のお金で買ったアルバムは『チャクラ』(チャクラ)と『WELCOME PLASTICS』(PLASTICS)だった。1980年だね。いわゆる、テクノポップ全盛期。そのときから、日本の歌姫(ディーバ)を挙げて?と言…

拝啓 某国営放送さま 「セサミストリート」の放送を復活させてください!

「SESAME STREET」の放送を復活して欲しいんです 「えいごであそぼ」は長寿番組です。かつて放映していた「えいごリアン」は素晴らしく、途中で終わったことを残念に思っていた子どもたちも多かったでしょう。でも、「セサミストリート」には及びません。 全…

映画「恋する惑星」- フェイ・ウォン (王菲)へのファンレター

フェイ・ウォン(王菲)様へ 1992年『Coming Home』からの大ファンです。特に、1994年につくられた「恋する惑星」(監督:ウォン・カーウァイ)は何度、観たのか分かりません。トニー・レオンにブリジット・リン、金城武などの共演者たちの存在感を消し去る…

20歳前後に最も影響を受けた漫画 - 「風呂上がりの夜空に」(小林じんこ) 

「風呂上がりの夜空に」(小林じんこ) 思春期がいつからいつまでなのかは分からない。 思春期の1冊は何?と尋ねられたら、あるマンガが頭に浮かんでくる。甘酸っぱい匂いがするのは年齢を重ねたせいじゃない。感傷? いや、あの頃を思いだすわけでもない。…

レディオヘッド 「セイル・トゥ・ザ・ムーン」 ~レコーディング風景を妄想してみる~

「セイル・トゥ・ザ・ムーン(Sail to the Moon)」 レディオヘッド(Radiohead)のアルバム『ヘイル・トゥ・ザ・シーフ (Hail to the Thief)』3曲目に収録されている。ピアノがメインのバラードだ。「セイル・トゥ・ザ・ムーン(Sail to the Moon)」は…

「ジョセフへの追想」(渡辺多恵子)- 思い出すたびに切なくなるマンガです

今週のお題「読書の夏」 ジョセフへの追想 (小学館文庫) 作者: 渡辺多恵子 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2000/02 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (4件) を見る 「ジョセフへの追想」(渡辺多恵子)は別コミ(別冊少女コミック)で、掲載されていま…

高階杞一「キリンの洗濯」 ~ 本との出会いは一生の宝物です

「キリンの洗濯」(高階杞一)は、1990年に第40回H氏賞を受賞した詩集。高階杞一さんのサイトは下にある。略歴を含めて、さまざまな情報が掲載されている。 高階杞一ホームページ わたしは運命は信じていない。ただ、出会うべくして出会うようなモノが存在…

1988年に発売された名盤『The First of a Million Kisses』(Fairground Attraction)

ファースト・キッス(紙ジャケット仕様) アーティスト: フェアーグラウンド・アトラクション 出版社/メーカー: SMJ 発売日: 2014/05/21 メディア: CD この商品を含むブログを見る Fairground Attraction。あまりにも有名なジャケット写真。これはElliott Erwi…

【音楽好きは絶対にチェックです】 7月発売する新譜が熱い!熱すぎます!!

2015年、上半期のベストアルバムは、こちらで書いた。 【洋楽好き必聴!】2015年 上半期 ベストアルバム! - yosh-ash’s Spaceyosh-ash.hatenablog.com ただ、7月に発表される新譜が凄すぎる。何か、あるのか?って地球の心配までしてしまう。それでは個人…

【洋楽好き必聴!】2015年 上半期 ベストアルバム!

2015年も半分が過ぎた。上半期のベスト・アルバムを挙げていく。完全に個人的な好みだけで選んだ。順位は付けていない。それでは行きますか!

好き、好み、大好物!

基本、好みは雑食です。ときどき、偏食だと、人に言われます。自分では気づいていません。 京都生まれの京都育ち。好奇心で動いています。ロマンチストな魚座、誰も信じてくれません。 バリ島に住むことが夢です。言葉と音楽をつくります。毒は吐きません。 …